作品別メニュー

  • SAW 1
  • SAW 2
  • SAW 3
  • SAW 4
  • SAW 5
  • SAW 6
  • SAW 3D

アダムの拉致

自宅の暗室でつい眠ってしまったアダム。
目が覚ますと部屋は何故か真っ暗。
スイッチを入れても点かない。

非常用の懐中電灯を手に取るも、それも点かない。

そこでアダムは、仕方なくカメラのフラッシュを使って部屋を捜索する。

フラッシュなので一瞬しか部屋は照らされないが、その一瞬一瞬を記憶しながら家を捜索する。

そしてアダムは、クローゼットの中を照らす。
するとそこには「豚のマスク」を被った人物(ジグソウ)がおり、そのまま麻酔を打たれ拉致される。

1 個の補足コメント

  • 管理人の感想

    シリーズ第一作目にして、TOP3に入るくらいクールな拉致シーン。

    SAWシリーズは「トラップ」や「グロさ」に目が行きがちだが、こういう「拉致のバリエーション」も見もの。
    被験者が毎回同じ拉致方法だったらさすがに飽きる。

    アダムが拉致される時のギミック「カメラのフラッシュ」は本当に最高。

    一瞬しか見えない演出もかっこいいし、「フラッシュ」そのものではなく、飽くまで「撮影された時のフラッシュ」なので、撮影する度にその写真を我々に見せる演出が出来るのも良い。

    とにかく、アダムの拉致は全てがクールでユニークでカッコ良かった。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です