作品別メニュー

  • SAW 1
  • SAW 2
  • SAW 3
  • SAW 4
  • SAW 5
  • SAW 6
  • SAW 3D

「心に従え」(老朽化したバスルームに閉じ込められた二人)

ゴードンのテープに隠されていた、2つのヒントのうちの一つ。

ゴードンのテープの終わり際、ジョンのささやき声で「Follow your heart(心に従え)」と収録されていた。

ゴードンはそのヒントに真っ先に気付き、そしてアダム側のトイレタンクに描かれたハートマークにもすぐに気付いた。

そのヒントを基に、最初は便器の中を探ったアダムだったが、その汚水の中には何も無かった。
続いてタンクを漁ると、そこには黒いビニール袋が。

その中には、なんと「糸ノコギリ×2」が。
もちろん二人は、足に繋がれた鎖を切ろうとするのだが・・・

タンクの中に入っていたものは・・・

ノコギリでチェーンを切ろうとするアダム
ノコギリでチェーンを切ろうとするアダム

タンクの中には、「のこぎり×2」と、「アダムが撮った写真」が入っていた。
アダムにとっては「不都合な写真」なので、さりげなくバスタブの中に隠すも、後ほど「切り札」としてゴードンに見せつけることになる。

そしてその写真どれもは「ゴードンの盗撮写真」ばかりなのだが、一枚アダムにも身に覚えの無い写真が入っている。

それは「ゴードンの家に進入した“ゼップ”の写真」だった。

考察:なぜ「ゼップの写真」があの中に?

写真をバスタブに隠すアダム
写真をバスタブに隠すアダム

まず時間軸の整理。

ゼップが家族を監禁

その間、アマンダとジョンが、それぞれゴードンとアダムを拉致。

老朽化したバスルームでスタンバりつつ、ゼップの写真を撮る(拉致したアリソン達の写真もついでに撮る)

トイレタンクに入れる

かなりスピーディーな準備フェーズだが、無理では無さそう。

ただ気になるのが、あの写真のアングルが、どう見ても「タップ刑事が撮影したもの」である点。

何故タップ刑事が盗撮したものを、ジョンが利用できたのだろうか?
いやでも、タップが撮影したわけでもなさそう。

あのアングルでは、タップ刑事は明らかに動画を撮っていた。
その動画をハッキングし、ジョンはそれを印刷したのだろうか?

そこまでする必要あるのか?

とにかくジョンは、この「アダムとゴードンのゲーム」が盛り上がるように、しっかりと下準備を施したらしい。

1 個の補足コメント

  • 管理人の感想

    テープの再生シーンがもう既に面白い。

    「6時までにアダムを殺さないと、アリソンとダイアナが死ぬ」と言われてるのに、非常に冷静なゴードン。
    初めてテープを聞いた際、まるでその言語情報を聞いておらず、最初から「テープに隠されたヒント」を探っている かのような表情。

    普通なら、「家族が監禁されてる」と思い取り乱しそうだが、ここではまだゴードンは冷静。

    アダムとは結構な距離が離れてるにも拘わらず、この段階で何らかのヒントを手に入れたゴードン。
    アダムに「テープをこちらによこせ」と指示する。

    そして巻き戻しながら何度もテープを聞き、即座に「Follow your heart(心に従え)」のヒントに気付く。

    ゴードン凄すぎる・・・。

    しかもそれまで、「テープレコーダーを持っている」という点では、若干アダムが優位に立っていた。
    「投げて壊れたらどうする。テープをこっちに投げろ」というアダムの正論には、ゴードンも従うしか無かった。

    しかしこのヒントに辿り着いたことで、再度ゴードンが主導権を握る流れになったように思えた。

    2人の関係性の変化は、何度見ても面白い。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です