作品別メニュー

  • SAW 1
  • SAW 2
  • SAW 3
  • SAW 4
  • SAW 5
  • SAW 6
  • SAW 3D

アダムを撃つゴードン

無事「足切り」に成功したゴードンは、這うようにして中央の死体に近づく。
狙いは「リボルバー」。

ゴードンはリボルバーを手に取り、そこに弾丸を入れる。

「すまない・・・」と言いながら銃口をアダムに向ける。

怯えながらも、避けるためか、必死に左右に動き続けるアダム。

残念な表情をしながらもゴードンは、家族の為に引金を引いた。

考察:ゴードンは狙って肩を撃ったのか?

この発砲により、一旦はアダムが死んだように思えた。
しかしアダムは実は死んでおらず、ゼップが入室したタイミングで復活。
見事ゼップを返り討ちにする。

これはSAW1永遠のテーマではあるが、ここでゴードンは、本当にアダムを殺すつもりだったのだろうか。

あの時のゴードンは明らかに取り乱していた。
それに「ゼップがこの部屋にやってくる」という事まで想定していたとは考えにくい。

それか、本当はアダムを殺すつもりだったにせよ、引き金を引くその瞬間、情けをかけて、心臓ではなく肩を撃ったのかもしれない。

なんにせよ、おかげで凄く盛り上がった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です