作品別メニュー

  • SAW 1
  • SAW 2
  • SAW 3
  • SAW 4
  • SAW 5
  • SAW 6
  • SAW 3D

ゴードンの作戦

「X」の箱の中には、
・たばこ
・メモ
・着信専用携帯電話が入っていた。

ゴードンはこの「たばこ」と、目の前の自殺死体の「毒」に着目。
そしてある作戦を思いつく。

アダムがよそを向いている際、ゴードンはこっそりたばこのフィルタ―部分に「自殺死体の血液」を付ける。

テープにて、「この死体は体が毒に侵されている」と聞いていたので、その血液を口にしたらターゲットを殺せると踏んだのだろう。(実際にそうだったのかもしれない)

しかしゴードンは、更に上を行く作戦を考えていた。

しかしその為にはアダムに協力してもらわないといけない。

ゴードンは電気を消し、小声でアダムに作戦を説明する。

監視カメラ越しにそれを見ているゼップは、「二人が何かやってる」と怪しむものの、具体的に何をしているかまでは分からない様子。

そして電気を点けるゴードン。

「まだタバコを吸いたいか?」
神妙な面持ちで聞くゴードン。

「あぁ」
真剣な表情でそう言うアダム。
アダムは本当に嘘が下手なようだ。

ゴードンは木箱から、先ほど血液を付着させたたばこ、じゃない方のタバコをアダムに投げる。
そしてライターも投げる。

アダムは真剣な表情でチラチラとゴードンを見る。
そしてタバコを咥え、火を付ける。

あまりのタバコの旨さにニヤけるアダム
あまりのタバコの旨さにニヤけるアダム

一服し、至福のひと時に若干ニヤけるものの、その直後、苦しそうに首を抑え、そのまま倒れ込み、死んだフリをする。

アダム渾身の死ぬ演技
アダム渾身の死ぬ演技

直後、ゴードンはカメラに向かい「アダムを殺したぞ!」と叫ぶ。
しかし次の瞬間、アダムの鎖に電流が流れ、アダムが死んだフリをしていた事がバレる。

1 個の補足コメント

  • 管理人の考察

    もうアダム可愛すぎ。
    アダムの中の人である「リー・ワネル」の演技力の高さが伺える。

    ゴードンに「まだタバコを吸いたいか?」と聞かれた後、せめて、「もちろん!吸いたいぜ!是非吸わせてくれ!」みたいな、今までのアダム節を貫けば良いものの、明らかに嘘を吐いてる表情。

    結果的にジョンが電流を流したので嘘だとバレたものの、たぶんゼップは、あの電流が無くても「アダムは演技をしてるな」と気付いた可能性が高い。

    SAWシリーズでは珍しい、とても癒されるシーンだった。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です