作品別メニュー

  • SAW 1
  • SAW 2
  • SAW 3
  • SAW 4
  • SAW 5
  • SAW 6
  • SAW 3D

エリックとホフマンの天秤

saw4のメインゲーム「執念を捨てろ」の最終ステージ。
対象者は「リッグ」「エリック」「アート」「ホフマン」。

状況説明

氷の上に立たされたエリックは、十分に足が付く程度の高さで首を吊られている。
その隣では、ホフマンが椅子に縛り付けられている。

二人は「天秤」によって繋がっており、例えばエリックが氷から落ちればホフマンの方に傾く。
そして一定時間以上ホフマンの方に傾き続ければ、ホフマンに高圧電流が流れるという仕組みだったらしい。

しかし結果的に発動しなかった。
というより「ホフマン」が協力者だったため、そもそもこの装置自体がフェイクであり、感電する仕様では無かった様子。

生存条件

「リッグ」が部屋に進入する前に制限時間を迎える。

結果

制限時間ギリギリでリッグが突入してきた為、トラップが発動。
エリックの頭部は、天井から落ちてきた氷に挟まれて破壊。
絶命した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です