作品別メニュー

  • SAW 1
  • SAW 2
  • SAW 3
  • SAW 4
  • SAW 5
  • SAW 6
  • SAW 3D

全身チェーン

saw3に登場したトラップ。
対象者は「トロイ」。

肉体に直接食い込んだ鎖を引きちぎるゲーム。
制限時間内に全ての鎖を引きちぎりそこから逃げ出さないと、爆弾で吹き飛ばされる。

状況説明

場所はどこかの学校の教室。
壁に固定された鎖は、そのままトロイの肉体に繋がっている。

手×2
肩×2
腕×2
脇腹×2
足首×2
顎×1

トータル11個。

制限時間に到達すると、近くにある爆弾が爆発する。

生存条件

制限時間内に全ての鎖を外し教室から逃げ出せばクリア。

結果

時間内に10個の鎖を取り外すことに成功。
しかし「顎」の鎖だけが凶悪で引き抜くことが出来ず死亡。

実際のところ、本ゲームをセッティングした「アマンダ」はトロイを生かすつもりはなく、ドアを溶接していた。
だからゲームに成功したところでトロイは死んでいた。

1 個の補足コメント

  • 管理人の考察

    ・SAW2のオープニングゲーム「顔面アイアンメイデン」同様、シリーズ屈指の無理ゲーの一つだと思われる。とにかく「顎」はどう足掻いてもきつい。
    あれを引き抜くという事は、下側の前歯、顎の骨を割るということだと思うが、そればっかりは勢いだけで行ける気がしない。さすがに。

    ・このゲームは「救済措置が無い」という理由から、アマンダがセッティングした事は明白。しかし相当な労力が必要なので、恐らく「ホフマン」も手伝ったものと思われる。管理人の推測だが、「後は私が仕上げとくわ」的な感じで先にホフマンを引上げさせ、その後にちゃっかりドアを溶接したのだと思われる。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です